2010年9月27日月曜日

2010・09・24-26

24日、昼は小松菜とごぼうとお揚げで煮込みうどんに落とし卵。地味ながらおいしかった。これからおうちご飯を充実させよう。そのために冷凍うどんも買ったし。夜はメカジキのソテーと豚汁。豚汁はごぼう、お揚げ、にんじん、大根。こんにゃくがなかったのが残念なり。あと、生野菜だったかな。
25日、久しぶりに四谷訪問。帰ってきて大人二人は疲れて寝倒しているのに、子どもが、買い物に行く行くうるさく、いきなり、自分で「ぶたにく2009(最後の9はgのつもり)」と書いて飛び出そうとするので、それだけじゃ買えん! とがみがみ言ったら、「ぎゅうにく200g(こんどは書けた)」と書いて飛び出そうとするので、しょうがなくちゃんと起きて、金額レベル指定を入れて、旅立たせた。そんなわけで、肉じゃが。しらたきがなくて痛恨だったが、こどもにも「今日はつるつる(白滝・はるさめ類はすべてこう呼ばれる)はないの?」と聞かれてしまう。あと、きゅうりとわかめ、とまとのサラダ。
26日、昼は昔の知人と食べる。パスタ。その後、渋谷で夫子どもと合流、東急東横店の地下を流して帰る。夜はぶりの照り焼き、ナスとキュウリの塩もみ(こどもはキュウリとトマト)、大根とほうれん草の味噌汁。

2010年9月24日金曜日

2010・09・21-23

すぐさぼってしまうようになりましたね~。PC、夫の借りてるから、いまいち使いにくいからかな。

21日、おもいだせぬ……。あとで思い出したら書くかも。

22日、母親につきあって墓参り。帰りに元勤め先となりの和菓子屋へ。お彼岸ですからね、おはぎを買いますよ。こしあん・つぶあん・きなこ・ごま。どれもおいしいのだ。そのまま、日本橋方面に出て、好きだった九州料理屋を探すも見つけられず。閉まっちゃったのかな。しょうがないので、東京駅近くの地下のすし屋でお昼の定食。とびこが苦手だと言ったら、かつおのたたきに替えてもらえました。夜は鶏挽肉ときゃべつ、豆腐を蒸したもの。あとは生野菜だったかな。ご飯を少なめにして、大人はおはぎ。パルシステムに入会して最初の配達があったので、食材は豊富だった。子どもが、最近娯楽として気に入っている「お肉屋さんにお買いもの」に出かけて、隣の八百屋で梨を一つ買ってきた。「だって、今朝食べちゃったから、ないでしょう?」と賢いようなことを言うが、母親からおすそわけでもらってきたのだった。梨大尽なり。

23日、気圧の急激な変化に負けてひどい頭痛に襲われたので半日寝倒す。昼ごはんは、朝のはなまるマーケットでやっていたから+卵とキャベツがだぶつき気味だから、ということでお好み焼きを夫が作る。夜は、鳥もも肉を片栗粉をはたいてローストしたものと、ナス・人参・玉ねぎ・大豆のトマト煮。きゅうり。

2010年9月20日月曜日

2010・09・16-20

16日、昼は買い物で徘徊しているうちに、時間がなくなり、帰宅途中に商店街のラーメン屋に飛び込みつけ坦々麺。ここは商店街の変哲もないラーメン屋だけど、普通においしいものが出てくる。つけ坦々麺は、ゆで野菜が添えられているところがまた良かったです。夜は牛肉と根菜の煮物、ひややっこ、生野菜だったかな。

17日、この日も買い物やら銀行の手続きやらで時間がなくなり、昼は外食。ユッケジャンクッパ。一人外飯だと辛いものばかり食べてる気がする。家族と一緒だと食べられないものにしようという意識が働くせいか? 夜は鯵のムニエル。こどもはソース、大人はカボスで食べる。あとはたぶんきゅうりとかとまととか豆腐とか食べてたと思います。

18日、船便が届く。ベッドが解体じゃなくて破壊されてたので、午前中はその復元に手間を取らせてしまった。昼ごはんは、引っ越し屋さんの休憩時間にちゃちゃっと焼きそば。豚肉・赤ピーマン・もやし。ピーマンが多すぎて、やや野菜臭い味になってしまった。夜は疲れたので、さぼって外食。商店街の蕎麦屋さんで、ビールのおつまみセットみたいので、鴨焼き、山芋の千切り、枝豆、あとはそば。子どもにサービスでアイスをくれた。

19日、昼はミートソースかけフジッリ。久しぶりに家パスタ。夜は夫実家に行く。

20日、昼は夫実家と外食。パスタ。夜はいなだと鯛の刺身、筑前煮みたいな煮物。れんこんごぼう、にじん、鶏肉。きゅうり、とまと。

2010年9月16日木曜日

2010・09・15

昼は、母親と二人で商店街ランチ。うちの親好みの洋食屋に入る。私はオムハヤシ、母親は日替わりのチキンのクリーム煮。クリーム煮はあっさり味に胡椒がきかせてあって、両方ともおいしかった、けど、この歳の母子には量が多すぎて残すことに。残念なり。ボンで買って実家に送っておいたカレー粉を持ってきてもらったので、夜はカレー。鶏肉、ジャガイモ、にんじん、玉ねぎシャンピニオンのクラシック日本のカレー。この粉、ブリュッセルでもずっと使っていた粉なのに、日本で作るといきなり日本味になるのはなぜだろう(向こうではラムばっかりだったから、という説もあり)。子どもも気に入って、4杯食べてました(自分でよそっているので、総量はそう多くないとは思うが)。あと、きゅうりとミニトマト、これおも母親が持ってきてくれたカットわかめを戻して、中華風ドレッシングでサラダ。

2010年9月15日水曜日

2010/09/14

朝、急激な気圧の変化のせいか、気温の変化のせいか、体中がばりばりにこっている。買い物に出かけたら、目を付けていたマッサージ屋が格安キャンペーンやっていたので、予約を取ってしまう。というわけで、急ぎ、ゆでうどんを買って戻って、昨日ののこりのけんちん汁(油揚げ、ごぼう、にんじん、だいこん)に投入、昨日買ったさつまあげ(というか上棒天)と食べる。急ぎまたマッサージ屋に駆けつける。無事、子どもの帰宅までに行って帰ってこられましたる。夜はもやしと豚小間、にんじんのショウガ醤油味炒め、枝豆、ふかしたサツマイモ、つるむらさきと油揚げの煮びたし。とりとめがないな。

日本に帰国

日本に帰国して、2週間。ずっとずっと食べたいと夢想していた、れんこん・まいたけ・みょうがは初日に実家で食べ、魚も堪能。こんかい暮らし始めた街は、建物出てすぐに、かなり好みのつぼを突いたパン屋、ちょっと行くと激安(でもものも良い)肉屋、さらにちょっと歩くと素敵豆腐屋がある商店と、とても充実。やっぱり久しぶりなので、自分で作ると和食や中華(っつーか家で作る野菜炒め的な)ばかりになってしまう。そんなこんなで、またこのブログ、復活させよう。

2010年8月17日火曜日

2010/08/17



きょうからこどもは二学期、始業式の後、授業もあって、午後まで預かってくれるので、助かる。昼は、お弁当の残りの卵焼きといんげん、おにぎり、昨日の残りのスモークサーモンにきゅうり、そうめんをゆでて夫と食べる。夜は、もうこの家では料理をしないことにして(明日の昼、全員分のおにぎりを握るが、それは炊飯器と食器のみ)、外食。この家にまだ決める前、ふらりと入った「住宅街のレストラン」に。去年の年末から、メニューが大幅に変わって、クラシックな料理が減ってしまったけれど、夫の好きなアメリカン(牛の生のひき肉をいろいろな薬味をぶち込んで混ぜて食べる)は健在だし、こどもメニューもパスタ各種をはじめとして豊富。夫はそのアメリカン、こどもはこども用ボロネーゼ、私は鴨。ステラアルトワの生と赤ワイン。店の看板猫がお愛想してくれる。このレストランもきっともう最後。クリスマスディナーとか夜3回、昼1回来た。