2009年7月30日木曜日

2009/07/30 夜

朝、イスラム系魚屋に行ってみたが、夏休みだった――でも、来週火曜から開くことが判った。No.2肉屋も開くし、これで来週からは、安心だ!――でも、そのあたりのイスラム系肉屋で肉を買う勇気がなく、今日の夜は、外飯と決定。家のそばの住宅街レストランに行く。この店は、今住んでいる部屋を契約する前後に初めて入った店。気に入ったので、去年のクリスマスも行ったりした。今日は、私が鴨のコンフィ、子供にも、子供メニューの肉団子のトマト煮を頼んでやった。最近食欲爆発してるし。夫は、ベルギー人がこよなく愛する牛の生のひき肉を香辛料/卵/タマネギ/薬味でぐちゃぐちゃに混ぜて食べる「Steak Americaine」に初挑戦。意外にあっさりしていて美味しかった。この料理、肉屋でよく売られていて(味付け前、味付け後と両方売られている)、一人暮らしとおぼしき老婦人が昼飯前に買ってたりして、日本人の私には、正直、なんか違和感あったけど、食べてみて、日本で一人暮らしの老人が、スーパーでマグロの中落ちを買って帰って、ご飯と食べる――と変わらないのだ! と実感しましたです。三人完食。デザートまでとってしまいました。食べ過ぎ食べ過ぎ。この店にも人懐っこい猫がいて、動物嫌いの夫は懐かれて涙。20時半頃から、がぜん混み始めて、21時前に出てきたけれど、こっちはまだ、22時くらいまで余裕で明るいので、楽しく走りながら帰ってきた(酔っぱらいなのに――酔っぱらいだからか?)。ところでこの店、Chalet rougeというのだが、娘に「これは赤い山小屋、と言う意味だよ」と教えたら、「山が住んでるのか?」と反応。そりゃ、犬小屋やニワトリ小屋は、住んでる物だけど……。

0 件のコメント:

コメントを投稿