2009年9月14日月曜日

お誕生日

11日は夫の誕生日だったので、昼、弁当持参でサブロンにケーキ買い出しに。素敵なプランだと思ったけど、すでに冬空の下、公園で食べるシャケのっけご飯弁当は寒かった〜。デザートに今年初のリンゴ丸かじり。果物総じて嫌いな私だが、この時期の早生のリンゴだけは好き。味としてはきちっとはまった弁当だったが、とにかく寒い! そばのCote d'Orの店にChocola macchiatoと看板が出ていたので、それだ! と駆け込んで頼んだら、あろうことか冷たかった……。ますます寒い気持ちになりつつ、Wittermerでケーキを買う。久しぶりにブランドケーキを、と思ったのだが、思いつくのがWittermerとマルコリーニしかないっていうのは寂しいなあ。もうすっかり枯れてしまって、ケーキの買い歩きをしていない。その後、魚屋に出て鯛を買って帰る。鯛は、黒鯛の方が日本のに近い、と学んでるはずなのに、やっぱり大きな桜色のを買ってしまう(黒の方が鮮度が悪そうだったこともあり)。夜ご飯は、赤飯、鯛の塩焼き、にんじん大根ほうれん草お麩の煮浸し、きゅうり。白ワインを飲み過ぎる。明日から、食い倒れ旅行なのに、こんなお土産のたいしたことないワインを飲み過ぎるなんて! 不覚なり。ケーキに一の位のみ、ということで1本だけろうそくを立てて祝う。
12日。昼は家でうどんを食べる。あては鶏肉屋の手羽元のロースト。その後、夫プランで、Durbuyに美味しいものを食べる旅行。高速降りてから、山に入るので、激しく車酔い。でも、おやつ(?)に街のビール。これが甘みと香りがあっておいしかった。夜は「イノシシ亭」。久しぶりに(前菜+メイン+デザート)×2頼む。子供が気に入ったのか、かなり参戦したので、適正量といえよう。前菜の、名産の生ハムにメロンをシャーベットやジュースにしたものを添えたもの、ヴィシソワースにトリュフを散らしてフォアグラトーストのっけ、が美味でした。メインは、わりにインパクトがない。普通の感じ。私は鶏肉のロール蒸しのグリーンソース。茸添え。夫はいのしし。デザートは夫がイチゴのティラミス。私がアイス盛り合わせをとって子供と分ける。ワインも美味しかったので、ここでも飲み過ぎ。でも、ここのワインは飲み過ぎても悔いはなし。ここは私が払います! と言ってみたけど、夫に遠慮され、子供にも「パパに払ってもらいなよ!」と言われてすごすご引き下がる。じゃあ、今度は私の誕生日は私のおごりにしよう。ヨーロッパ式。
13日、修道院ビールのロッシュフォールの修道院を見に行く。午前の終わりのミサをやっていた。昼はそのそばのカフェ。夫が鴨のビール煮、私は、車酔い不調なので、野菜のポタージュ、子供に肉団子のトマト煮をとってやったのに、あまり食べず、夫の鴨ばかり食べていた。確かに、鴨の方がずっと美味しかったけど……。夜は、家に帰ってきて、私が果てている間に、夫に豚汁(豚だいこんにんじんじゃがいもネギ)作ってもらって、ご飯で食べました。外のご飯もおいしいけど、これもまたなごみ味。これが美味しいのも、体中が凝り固まってつらいのも、寒くなってきたってことだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿