2010年1月29日金曜日

2010/01/28-29

28日、昼はうどんで、夜はチキンクリームスープにしよう……と妄想していたら、子供が、冷蔵庫から、昨日、スープ用に買ったブリックパックの牛乳を出してくる。「お腹おかしいんだから飲んじゃダメだよ!」「ちがう! クレープ作ろうと思ったの!」「えー、昼はうどんのつもりだったんですけど」「うどんは夜で良いじゃん!」……というわけで、その意見を飲む。子供にクレープ生地を作らせておいて、私のクレープに挟むためにツナトマたまねぎシャンピニオンソース。なんか、いつものパスタと代わり映えせんなあと思うが、これで良いよね! と自分に言い聞かせたのに、次に冷蔵庫を開けたとたんマスタードが目に入り、生っぽくたまねぎツナシャンピニオンをマスタード和えして、クレープに包みながらちょっと火を通す――って手があったんじゃ? と煩悶する。が、もうしょうがない。クレープ、鉄フライパンで焼くとぜったいうまくいくけど、丸いのが、結婚当初買った薄いやつで、もう底がぺらぺら。でこぼこして来てしまっている。この間、南部鉄器の卵焼き器で焼いたら、うまくいったのだけど、子供は丸い方がぜったい良いという。まあねえ……クレープですからねえ。今度、厚い鉄フライパンを買おうと誓いつつ、薄丸フライパン。子供ははちみつにしてやったら、たくさん食べました。私はクミンチーズもはさんで焼きました。夜は、そんなわけで、鶏肉はだいこんとにんじんと昆布出汁、塩味で煮込む。醤油味の麺つゆも作って、子供はそれでうどんを、私は両方に付け食べする。鶏肉の煮込みもかなりうどんに合いました。副菜はじゃがいもとブロッコリーのゆでたの。夕方から二人とも恐ろしくおなかが空いてしまったので、副菜から作っておいて、食べ始めてしまった。夫から電話があり、ケルンの大手の中では私たちが一番好きなビール屋Fruehにいるけど、そこでちゃんと食べてしまうか、夜ご飯の残りを期待して、軽く挙げるか迷っている、というので献立を告げると、やはり帰ってこよう、と言うことに。学生時代、男の子に食事に誘われたのに、家に電話して、献立を聞くなり「やっぱり家で食べる!」と断った前科がある。仕事で打ち合わせしていて遅くなり、「じゃあ、飯でも……」ということになったとき、先方が、ご自宅に電話、「今日は好物作ってたのに、とか言われました」と苦笑しているので、恐縮すると、「いや、いつもそう言うんです」と言われたこともあり。なんとなく連鎖的に思い出す。
29日、子供、復活していたけれど、お腹の風邪なので、大事をとってもう一日休ませる。いや、トイレ間に合わなかったりとか惨劇を想像すると……。昼は、チャーハン。卵、シャンピニオン、タマネギ、ハムをバター風味でちょっと洋風に。味の決めては醤油なのですが。私は買って来たポタージュも。食べ終わったら、急激に、今度は私のおなかの調子が悪くなり、さっさと整腸剤を飲んで、湯たんぽで温める。微熱も出て、これはきっと子供風邪が私に! と思ったけれど、早期に手を打ったせいか、その後は悪化せず。微熱はだらだら続いているが……。夜はアンコウ鍋。白菜ほうれん草細ねぎとあんこう。〆は雑炊。卵も投入。昼のチャーハンといろいろかぶる気もするが、おいしいので無視。副菜に、きゅうりを切ったのと、夫がだぶついているチーズ撲滅、ということで牛乳の古めのチーズ(通称「Vacheチーズ屋」で買ったもの)とクミンチーズを角切りにして出して来るのも食べる。ぜったい、ここはアルコールが欲しいところだが、昼にお腹をおかしくしていたことを思い出して自粛。

0 件のコメント:

コメントを投稿