2010年2月2日火曜日

2010/02/01

昼は、月曜でも開いている肉屋のそばのベトナム料理店が美味しいらしい……ということで、以前から狙っていたのを決行することに。先週、ずっと家にいて気分が冴えなかったので、都心をだらだら流して気持ちを盛り上げて、夫職場に行き、久しぶりに朝日新聞読んで、そのまま一緒に店へ。定食が、辛いスープ+鶏肉入り野菜炒めとご飯の一緒盛り+コーヒーで、夫はそれを。あと、鴨ラーメンが名物とブログに書いている人がいて、すごく食べたかったので、それを私が。定食は量がたくさんあって、鶏肉ともやし、青ネギの甘辛味が、ご飯と混ぜると美味しいし、すごく、日本の中華定食屋の雰囲気。学生街だから、コストパフォーマンスが良いのかも、と夫は言う。鴨ラーメンも、白菜も多く入っているし、シャンツァイが効いている。スープはやや化学調味料的味わいではあるが、それが細麺とあいまって、香港食堂風。堪能堪能。ベトナム料理――ではないかもしれないが。周りの人が、かなり辛そうなスープの麺を食べていたのだが、あれはなんだったのだろう。日本で見たら、担々麺? と思うような見た目なのだが……。ベルギーはフランス語圏ということもあるのだろう、ベトナム料理店が多く、この店から始まる路地にたくさん店があるというので、また来てみようと言う気持ちになる。引っ越して来てすぐ、子供を連れて毎日通っていた通称「ヤギ公園」のそばなので、今度は子供を連れて来て、いかにもやつの好みそうな鴨ラーメンを食わしてみよう。我が家で一番味覚が保守的で、ヨーロピアン料理が続くと、一番先にアジアンなものを食べたくなるのだ。夜は、骨付きブイヨンとり用牛肉を買って来て、キャベツ大根にんじんタマネギシャンピニオンじゃがいもでスープ。最後に大麦も投入。濃厚出汁でめちゃくちゃうまい。肉は固くて子供は食べにくそうにしてたが、珍しく、大麦も好んでたくさん食べていた。あと、ブロッコリーをゆでたのも出した。子供は食後にみかん。

0 件のコメント:

コメントを投稿