2010年5月29日土曜日

2010/05/28-29

28日、昼はこどもとお揃い弁当(夫は別)で、ソーセージ入りオムライス。トマトベースなのでだぶるけど、こどもにはミニトマトも持たせる。私はにんじんとカブのポタージュを買い足し。夕方、夫が前もって予約しておいたビール工場の見学に。工程としては、Stella-Artoisのを見せてもらったのだが、この会社は世界最大級のビール会社集団Invebの一員。会社はこれまで見たビール工場で当然一番大きかった。道路工事の人が着るようなリフレクター付きのベストが配られて着る。こどももぶかぶかなのを着る。最初に見たのはコントロールルーム。弧を描いて端末がたくさん置かれたところに人々が向かっていて、その中心点となるようなポジションに一人座っている。醸造所の気温や圧力等、すべてそこで管理していると言う。私は宇宙戦艦ヤマトか? と思ったのだが、夫はトレーディングルームを想像したそうだ。あとで、ガイドしてくれた人にそう話したら「NASAとか、核管理室にも似てるだろう?」と笑っていた。醸造スペースは規模こそ大きいが、いつもの銅釜。建物の外の敷地内を走るパイプをビールの原料やら完成品やらいろいろの液体が流れているという。最後に、瓶詰め、缶詰め工程を見て、1杯試飲させてもらって(こどももオレンジジュースを出してもらって)、ショップで買物をして帰る。ルーヴァンはフラマン語圏なので、オランダ同様、遅くまで店がやっているのではという推理むなしく、18時でほぼすべての店舗が閉店しており、また小さなビール醸造所の直営店で食べて帰る。ラムの焼いたのに、アスパラ添えというのと、アスパラのフラマンドル風(固ゆで卵のみじん切りをソースにしたもの)、こどもにこども用パスタをとる。トラムとバスを乗り継いで、やっと夕方っぽくなって来た田園風景の中を帰る。家のそばは森の中を走るコース。ここ、夏も冬も風情があって好き。
29日、昼は乾麺をゆでての焼きそば。豚薄切りともやしキャベツにんじん。午後、こどもは友達のお誕生会にいく。夜はビール修道院オルヴァルのチーズのはじっこの固いところが残っていたので、アッシュパルマンティエ。この前うまく出来なかったけど、今回は粉っぽいじゃがいもがあったので、じゃがいもはマッシュして、牛ひき肉とグリンピースと層にしてチーズの角切りを乗せて焼く。こどもには牛肉とグリンピースを混ぜてココットに固めたものを焼いて出したら、美味しく食べていた。あとはベビーリーフときゅうり、ミニトマト。

0 件のコメント:

コメントを投稿