2010年6月13日日曜日

2010/06/11-13

11日、昼は三人弁当。おにぎり、揚げボールとこんにゃく、ウズラの卵の煮物、ブロッコリー。こどもには、ミニトマトとサクランボを持たせて、私は買って来たトマトポタージュ。夫は、グリンピースとミントのポタージュを買い足したそうだ。夜はポトフ。骨付き出汁とり牛肉のすごく良いのがあって、昨日の若旦那の店では「これが買い!」だったので買ってしまったが量はすばらしく多い。ほか、キャベツにんじんタマネギシャンピニオンと大根、スープ用ミックス豆。グリンピース入りトマトベースのパスタも作って、大人はからすみも振る。
12日、アムステルダムへ行く。町中、ナショナルカラーのオレンジと、サッカーボールで飾り付けられて、うーん、強豪国の盛り上がりはやはり違うのう〜(ベルギーは、そもそも出られてないし)。昼はカフェ飯。ガイドブックに出ていたところだったと思ったけど、客が若い女性ばっかりで、なんか、東京みたいでした。こどもは目玉焼きのっけパン、夫は二種類の詰め物パン(蘭語だとそんな感じに書いてあったけど)のサラダ添え。ひとつはヤギチーズとズッキーニだったかな? もう一つはチョリソー。サラダのドレッシングが、甘くて、この国お得意のインドネシア料理っぽかった。私はイワシとほうれん草のキッシュ。そのあと、市場を流している間に、こどもはアイス、大人は季節到来ってことでMatjes(ニシンの塩漬け)。ハイネケンエクスペリエンスという体験型ミュージアムをハイネケンがやっているので、そこへ行く。確かに麦汁を煮立てているのを混ぜさせてくれたり、脱穀?させてくれたり、発酵前の麦汁飲ませてくれたり面白かったです。ビールになったつもり体験の、映像を見ながら、揺らされたり、水をかけられたりはいまいちでしたが……。工場見学というよりアトラクションだった。途中に入っている、美味しい注ぎ方、飲み方を教えてくれたところのビールは美味しかった。あとで、2杯まで飲めるバーでは、エキストラコールドを飲んでしまったせいか、いまいちでした。夜は中華街で飲茶――のつもりで調べておいた店に行ったら、飲茶は午後で終わりだそうで、食べられなかった。が、鴨飯、厚揚げ入り野菜炒め、ワンタンめんをとったけど、とてもとてもうまかった〜。関帝廟?もあって、かなり本格的な中華街だった。オランダだと、国の料理には期待できない(すみません、ドイツ料理好きのくせに、オランダ(及びインドネシア)料理はちょっと……)ので、中華街に行くにも躊躇無し。まだ明るい街を帰るころ、始まったばかりのW杯、ユニフォームまで着込んでイングランドを応援している人々をたくさんみたけど、引き分けは残念でしたね。
13日、飲茶リベンジしようか、と言ってみたが、夫はあきれて「いや、きょうはパンケーキじゃない?」。こどもをだしにして行くべく「ね〜、昨日のラーメン美味しかったよね〜、きょうもまた行きたい? それとも、クレープが良いの?」と無邪気を装って尋ねてみると、上を向いたり、したを向いたり、目を三角にして夫を見つめてみたりして悩んだ末に「クレープ」と小さな声で言う。はっはっは。そっちだったか〜。「こういうこどもをだしにする作戦って、普通の家はお父さんがやるもんだよね」と夫は冷たい。が、レンタサイクルして(今回は、こどももこげるタンデム自転車を借りましたよ〜)走り回り、エルミタージュ美術館分館でマチスを見たらおなかが空いてしまったので、夫が「やっぱ、飲茶行くか」と旅立つ。が、日曜だからか、12時前にはほとんどの店が開いていない。けっきょく昨日と同じ店に行きました。軽めに済ませて、おやつにパンケーキを食べるべく、厳選飲茶メニューで、チャーシュー饅、しゅうまい、こどもが小さい頃大好きだったマーラーカオ、そして、私の激しい主張を通して、スペアリブのドウチ蒸し。どれもこれも3ユーロ。ありえない! うますぎる! お茶もがぶがぶ飲んで旅立つ。午後は、こどもを公園で放し飼いにする。広い緑地公園の遊戯スペース。一角で、お誕生会をやっている家族もいました。ポンプで水を出せる遊具があって、こどもがたくさん群がっている。夫は着替えがないから、気づかないと良いなあと祈っていたが、祈りが通じて、こどもはずっと、砂場+アスレチック遊戯で遊んでいました。ここでゆっくりしすぎたせいか、道に迷ったせいか、ビオショップで買物に時間をかけたのか、時間が足りなくなって、パンケーキは断念。店に入るだけ入って、店員がやっと近づいて来た頃、見切って「やっぱり時間ないから良い」と断って出る、イヤな感じの客。こどももがっかりしてふてくされるけど、電車に乗り遅れたら困るからね〜。駅の売店で、大人はこれもアムステルダム名物の自販機コロッケとビール、こどもに、文明堂の三笠山?甘食?みたいなカステラ菓子を買って電車に乗る。夜ご飯は、ビオショップで手に入れたソーセージを焼いて、空豆をゆでてうどん。

0 件のコメント:

コメントを投稿