2010年8月15日日曜日

2010/08/14-15

帰国直前最終コーナーということで、引っ越し作業をさぼって、この週末はベルギー観光+食べ納め。
14日昼、グーズ(ブリュッセル近郊でしか作れない酸っぱいビール)の3Fontainenの醸造所レストランで、もはや酒じゃなくて健康ビネガードリンクなんじゃ?のグーズやランビック、クリークを飲む。ここはクラシックなベルギー料理を出すところで、ずっと、存在は知っていたけど、食べられなかった「OISEAU SANS TÊTE」。頭無しの鳥、オランダ語では(今、正確なスペルが書けない――検索したけどうまく引っ掛けられない、調べがついたらまた書くかも)めくらの鳥、と名付けられた料理なのだが、ハンバーグ種みたいのを牛肉の薄切りで包んで焼いて煮込んだもので、中身はぜんぶ牛肉。わざわざ「これは鶏肉で」って言ってるのが、日本の獣肉をごまかして食べていた習慣みたいで面白いと思っていたもの。肉屋さんとかで、詰め物をくるんだところまでの半完成品をよく売っているのだけど、ちゃんとしたものを食べてみたことがないと作れないと思って、それも買ったことがなかったのだ。グーズで煮込んで甘く仕上がった煮込みハンバーグで美味しかった。夫はムールのグーズ煮、こどもは肉団子のトマトソース煮。夜はまず、トウモロコシを蒸かす。鴨を焼いて麺つゆにつけ込み煮してそば。大人は大根おろしも。いんげん、きゅうり。
15日、2年に一度、グランプラスを花で埋め尽くすフラワーカーペットというイベントに、二年前、着任したら行こうと言っていたら、VISAが降りなくて、ずっと実家で足止めされていたのだ――から二年越しの思い?で行く。朝早く、雨の中をでかけたおかげか、見下ろせる市庁舎のバルコニーも空いていた。私は、じつのところあまり興味がなく、てきぱきと写真を撮って、むしろ、めったに入れない市庁舎を見たり、バルコニーから外壁のガーゴイルたちを見たり――を楽しんだ。向い側の王の館のバルコニーからも見られるので、そっちへ移動。ついでに?初めて王の館観光。どのガイドブックにも出ている、小便小僧の衣装コレクション、興味ないなあと思っていたが、見たら、各国から送られた民族衣装見応えあり。観光地、バカにしちゃいかんですね。フラワーカーペットも、あとで写真を見たら恐ろしく写真写り良く。
閑話休題。
昼ご飯は、予約を受け付けてないので、これまで夫も仕事会食も入れられず、行ったことのないレストラン初挑戦。ストンプというじゃがいもとにんじんをつぶしたピュレが有名で、それの目玉焼き添えをこどもに、夫は、カルボナード(牛肉の煮込み、これもグーズで煮込んだりする)添え、私はチコリのグラタン。これも名物。こんな煮込み料理やグラタンを食べる気になる寒さで、最後、食べられて良かった〜。チコリのグラタンもこってり味、カルボナードは、これまでどこで食べたやつよりも煮詰め感、焦がし感が強くて、もはや日本のハヤシライスだった!!! 白いご飯持ってこい! な味。ストンプと混ぜて食べて美味しかったです。夜は牛肉とナスの生姜焼き、きゅうりとラディッシュ、いんげん。

0 件のコメント:

コメントを投稿